金利を重視するならスピード審査は避けた方が良い!

銀行カードローンのメリットは、大手消費者金融のカードローンに比べ、金利が低いことです。審査スピードとしては、消費者金融が早いものの、銀行カードローンでも審査スピードをウリにするものは少なくはありません。

審査スピードはメリットに思われるものの、金利を重視する方は申し込みを避けるのが得策です。審査スピードが早い分、細かいチェックが行われず、金利自体は融資リスクを考慮した上限金利が適用される可能性が高まります。

もし、信用度と返済能力で適切な評価を得たい場合は、申請項目が多く、契約まで日数がかかった方が良くなります。また、審査が甘くなりがちなカードローンも敢えて避けた方が、より低金利での借り入れチャンスが高まります。

複数の借り入れをおまとめローンで一本化する

いつの間にか、複数の会社から借り入れることに成り、返済に追われるようになってしまったら、一度おまとめローンを検討してください。借金を、数社で借り入れるよりも、一社にまとめる方が、一般的には金利が低くなります。

さらに一社に管理がまとまることで、返済計画も立てやすくなります。数社に分散していれば返済期日も、返済金額もバラバラで管理に労力を使いますが、おまとめで1社にすることが出来れば、金利面だけでなく管理面でも大きな利点が有ります。

おまとめローンは、銀行や、消費者金融でも行っていますが、おすすめは、銀行系のおまとめローンです。

銀行系のおまとめローンは、金利も消費者金融系に比べると低く、まとめた時の返済金額で大きな差が付きます。ただし審査は、消費者金融系に比べると厳しいため、まず銀行系に申し込んで、審査に通らなっかった時には、消費者金融系のおまとめローンに申し込んだらよいでしょう。

おまとめローンは、総量規制の対象外になっていますので、金額が年収の3分の1を超えても審査が通れば利用できるメリットが有ります。

おまとめのローンのリスクは、もしもまとめる前の借り入れに上限金利を超えた分などが有ってもまとめた後では返還請求などが出来なかくなることが有る点や、返済期間が長くなることが有る点です。

それでもメリットが多いので複数の会社より借り入れがある人は検討してみて下さい。