一時的なキャッシング利用に高額な限度額は不要!

キャッシングは、急な現金出費に対応できる方法として有効です。初めての利用であれば、無利息サービスが受けられ、借りて直ぐ返済すれば利息も利用した日数分だけと負担を抑えることもできます。

しかし、一時的に少額の借り入れができるだけで十分なのに対して、高額な利用限度枠を設定していませんか?一時的な生活費の不足や冠婚葬祭のための費用であれば、20万円や30万円といった限度枠は不要です。

10万円の限度枠でも十分であり、ついつい借り過ぎてしまう心配がありません。また、必要最小限の限度枠であれば、各種ローン契約への影響も少なくて済みます。また、借り過ぎ防止といった効果もあり、ついローンカードで自分のお金のように使ってしまうといったことも避けられます。

さらに、利用限度枠が足りないといった場合でも、今では増額審査もスピーディーに受けることが大手消費者金融では可能です。そのため、あらかじめ高額な利用限度枠を設定する必要が無くなっています。先ずは、キャッシングは本当に必要な範囲で限度枠を設定しましょう。

限度額が高ければ使い途が広がるキャッシング

貸金業法の下で運営されているキャッシングには限度額が設定されています。つまり、どんなにお金を借りたくても、この限度額までしか借り入れが出来ない仕組みになっています。お金を借りる上で重要であるのが、この限度額であり、様々な用途でお金を使いたいのであれば限度額の上限が高ければ高いほど良いでしょう。

限度額の上限を高くするにはユーザーの年収が重要なポイントとなります。貸金業法には総量規制という仕組みが導入されていますので、この総量規制で設けられている「総限度額が年収の3分の1以下」というところに着目しますと、年収が高ければ、その分、限度額の上限も高くなる事が分かります。年収が低くても、キャッシングの利用実績が良好であるのなら増額という方法で後から限度額の上限を引き上げることも可能です。

限度額を増やすには増額申込みが必要である

キャッシングは限度額が常に付きまとう要素です。限度額までしか借り入れが出来ませんので、この限度額の上限が高いほど何度でも借り入れしたり、高額の借り入れが出来るようになります。

しかし、消費者金融会社のキャッシングは、貸金業法によって総量規制の導入が義務付けられており、この仕組みによって利用者の年収の3分の1までの限度額設定となります。ユーザーによっては、これでは足りない事がありますので、ある程度の利用実績があるのであれば、増額申込みをすると良いでしょう。

増額申込みをしますと、消費者金融会社の方で審査が行われます。審査では利用者の過去の利用実績をベースに進められていきますので、返済に遅延が無ければ、通る可能性は高くなります。

アコムが他の消費者金融より優れている点は?

消費者金融でキャッシングをする時にアコムを利用したいという人が多いですが、実際にどのような点が他の消費者金融より優れているのか分からない人も少なくないでしょう。そこでアコムが他の消費者金融より優れている点を挙げていきましょう。

消費者金融は即日融資に対応している業者が多いですが、申し込みをしてから融資可能になるまで2時間から3時間かかってしまう事もあります。しかしアコムは申し込みをしてから最短1時間で融資可能になるので早くお金を借りられる点が優れています。

また消費者金融は限度額が最大500万円で設定されている業者が多いですが、アコムは最大800万円までとなっているので多額の借り入れをしたい時もしっかり対応してくれる点も優れています。

キャッシングを利用する際には限度額に注意する

借り入れしたお金の自由度が高いキャッシングを利用する上で気をつけておくべき事は限度額までしか借り入れが出来ないという事です。この限度額は消費者金融会社が審査の際に設定していますが、貸金業法では利用者の年収の3分の1までの総限度額の設定が義務付けられていますので消費者金融会社は信用情報機関のデータベースに問い合わせをして、申込者の現在の利用状況を確認して限度額を決定しています。

キャッシングの利用には限度額が常についてきます。限度額を超える借り入れをしたい場合は増額という仕組みがありますので、キャッシングの利用実績がある程度あるのであれば、増額に申し込みをしてみると良いでしょう。限度額まで何度でも借り入れしたり、一度に限度額いっぱいまで借り入れをしたりといった使い分けが行えます。