大手消費者金融の無利息サービス!注意しないと損をすることも!

大手消費者金融のカードローンを契約すると、30日間無利息サービスが一般的です。しかし、この無利息期間は注意をしなければ、損をすることもあります。

特に、殆どの大手消費者金融のカードローンでは適用開始日が『契約日の翌日』となっており、『初回借入』からではないという点は見落としてしまいます。

借り入れする予定があるからと言って、ただローンカードを持っていると1ヶ月分のお得なサービスを受けられなくなります。

また、プロミスの無利息サービスは『初回借入』から適用になるものの、メールアドレスの登録やWEB明細を利用するといった条件があります。そのため、手続きを行わず、借り入れしてしまった場合、無利息サービスが受けられなくなります。

消費者金融のカードローンを契約する際、無利息サービスがいつから適用になるのか、そして適用をするためにはどんな条件があるのかしっかりと抑えることが重要となります。

また、無利息期間をよりお得に使う方法もあり、ボーナス月前に高額商品の購入が必要になった場合は、キャッシングで借り入れをして一括返済することで必要なものを手軽に手に入れることが出来ます。特にこの方法は、完済後にローンカードが不要となれば解約もでき、他社借り入れで無利息期間を利用することも可能です。これなら最低でも4回は無利息が適用できます。

キャッシングの審査で最も大きな点とは

キャッシングは働いているからこそ、利用することができるサービスです。その点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは、収入がない人には貸すことができない、ということになります。銀行系のカードローンなどであれば別になりますが、キャッシングサービスにおいてはそうなっています。

銀行は例外的、ということになります。収入がないとダメ、というのは総量規制があるからです。ですから、どうしてもお金を貸してくれる意識があったとしてもそもそも法律的に貸すことができない、ということになっています。しかし、きちんと収入があり、そして余所からお金を借りていないのであればそれは殆ど心配することはないといえます。

つまりは、借りること自体はそんなに難しいことではない、ということになります。審査において大事な点はまずは収入であるわけですが、後は他からいくら借りているのか、ということになりますが、要するにこれは総量規制こそが根源たる理由、ということになります。

その点を頭に入れておいて、そして出来るだけ他からの借金があるならば減らしておくことです。そうすれば借りることができる可能性がとても高くなることでしょう。これが基本です。

アコムの申し込み方法はむじんくんとホームページが主流

アコムは大手の消費者金融ですが三菱UFJフィナンシャルグループの子会社でもあるのでメガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下にも入っている金融業者です。メガバンクの三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている事でサービス面も強化されて顧客の信用度も高まってきている事から多くの人が利用しているのでしょう。

アコムの申し込み方法は電話や店頭窓口でも出来ますが、現在は無人契約機のむじんくんかアコムのホームページが主流となっています。そのためほとんどの利用客がむじんくんかアコムのホームページで申し込んでいます。

むじんくんかアコムのホームページのどちらにするかは人それぞれ変わってくるようです。融資スピードを重視する場合はむじんくんで申し込む人が多いです。むじんくんで申し込むと契約完了後にその場でカードが発行されます。そのためすぐお金を借りる事が出来るので融資スピードを重視する時にすごく好都合です。

利便性を重視する場合はアコムのホームページから申し込む事が多いです。アコムのホームページから申し込むと申し込みから借り入れまでの手続きをすべてホームページ上で出来てしまいます。そのためむじんくんに出向かなくてもいいので利便性を重視する時にすごく好都合です。

プロミスで少額借りる時に得られるメリット

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。また上限金利が高く設定されているので借り入れをした時に加算される利息も多くなってしまいます。これを見ると多額の借り入れをするにはあまり向いていない金融業者と言えますが、少額借りる時はメリットになる事が多くてすごく適しています。そこでプロミスで少額借りる時に得られるメリットを見ていく事にしましょう。

プロミスは消費者金融の中でも融資スピードがトップクラスで申込手続きを始めてから融資可能になるまで最短1時間と言われています。少額借りる時は金欠の状態になっていて生活費を補てんするなどが主な理由なので融資スピードが優れていると大きなメリットになります。

プロミスはWeb完結で手続きが出来るのでネットキャッシングが出来るというのも特徴です。少額借りたいという時は出来るだけ手間をかけたくないのでスマートフォンだけで手続きを済ませたいものです。ネットキャッシングが出来れば手間がかからないのでメリットになります。

プロミスは無利息期間のサービスがあるので借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。少額借りる時は無利息期間内で返済するという事も可能なので無利息でお金を借りる事も出来てしまいます。しかし無利息期間のサービスは初めて利用する人が適用の対象となります。

銀行カードローンが人気となっている理由とは

消費者金融の貸付残高が大幅に減少している理由として、2010年6月の改正貸金業法完全施行の影響があります。貸金業法に基いて貸付が行われている信販会社と消費者金融では、貸付残高が年収の1/3以内に制限され、罰則付きで常に貸付残高に注意しなければならない総量規制が導入されました。多重債務者を減らす目的がありますが、実際には急に借りられなくなったことで、一時的に自己破産が増える原因ともなりました。

銀行カードローンは、銀行業法に基づき銀行が独自判断で貸付を行なうので、貸金業法の総量規制対象外のカードローンです。総量規制により消費者金融からの借入が出来ない場合であっても、銀行カードローンに申し込んで審査に通過すれば、年収の1/3を超える貸付を受けられます。

銀行カードローンは、貸付を行なう際に保証会社を利用しているので、実質的な審査は保証会社が行い、返済不能に陥った場合には銀行が保証会社に対して代位弁済請求すれば良いわけです。銀行が貸し倒れリスクを負う心配が無い分だけ、低金利で融資可能となることから、消費者金融よりも設定金利が低くなっている点も銀行カードローンが人気の理由です。借り換えローンとしても利用されるケースが増えており、銀行カードローンの貸付残高は増え続けています。

即日融資可能なカードローンの利用

生活費が不足してしまったり、急な出費があったときにはお金を借りなければいけなくなるかもしれません。

特に急な出費で今日中にお金が必要になってしまったという場合には即日融資が可能なカードローンを利用したいですよね。

お金を借りることのできるところといえば、銀行や信用金庫、消費者金融やクレジット会社や信販会社などのノンバンクがあげられると思います。

即日融資を希望するのなら、銀行と消費者金融ではどちらを利用すればいいでしょうか。一般的に銀行のカードローンの審査は時間がかかると言われています。

銀行の審査は銀行と保証会社の2つの審査があるからです。一方、消費者金融の審査はその会社のみの審査なので、銀行に比べれば時間はかかりません。

実際、即日融資が可能なのは消費者金融のほうが多いです。消費者金融は即日融資が可能なところが多いですが、金利は銀行に比べたら高く設定されているところが多いので銀行で即日融資可能なところを利用するのもいいかもしれません。

カードローンの大きな魅力について

銀行系カードローンはお金を借りるのにはとても大きな魅力がある金融商品です。

消費者金融にはない色々なメリットがありますので、その点について紹介します。

1 金利面が安い

 基本的に銀行系カードローンの一番の魅力は金利の低さです

金利は上限で14パーセントくらいが一般的で消費者金融に比べると上限だけでも4パーセントくらいは安いといえます。

さらに安いところでは10パーセントの上限を割るくらいで下限も低く3パーセントくらいの最高下限のケースもあるので大変金利面でメリットあります。

2 返済方法などサービスが充実している

 また、銀行系カードローンでは返済の方法も多く、自社所有のATM以外でも様々な手段で返済が可能なのが魅力です。

消費者金融には、返済方法が限られていたりするようなケースがあるのですが、基本的に経営力がある銀行なら返済方法も整っています。

近年では消費者金融のような無利息期間や、即日融資のようなものもあり、より充実してきています。

3 銀行である安心感

 また銀行系カードローンは消費者金融に比べると、信頼が大きいのでお金はありやすいのです。

やはり信頼できる所でお金を借りられるというのは、返済も変なことをされないという安心感がありますし、

お金を借りていたとしても、消費者金融に比べれば、周りからの信頼も違います。

 そういった信頼感も大きなメリットです。

専業主婦でもキャッシングはできるのか

家計を預かる主婦が急にお金が必要になることは生活をしていると少ないことではありません。その時にキャッシングを利用することが出来れば、助かることもあるでしょう。

主婦がキャッシングを利用できるかどうかについては専業主婦なのかそうではないのか、利用する金融機関が銀行なのか貸金業者なのかで違ってきます。主婦であっても、パートやアルバイトなどで収入があれば、銀行であっても貸金業者であってもキャッシングを申し込むことは可能です。銀行は審査がどうなるか分かりませんが、貸金業者であればお金を借りることができる可能性は低くないでしょう。

しかし、専業主婦であればお金を借りるのはなかなか難しいと言わざると得ません。特に貸金業者は2010年の改正貸金業法によって総量規制の対象となりましたので、顧客の年収の三分の一以上の貸付はできなくなりました。事実上は年収がない専業主婦ではキャッシングを利用することができないと考えたほうがいいでしょう。

銀行は総量規制の対象となっていませんが、収入のない専業主婦が銀行の審査に通ることは簡単ではありませんが、配偶者の収入などによっては専業主婦であってもキャッシングができる可能性はないではありません。

キャッシング 審査で注意することもある

クレジットカードでショッピングした一括払いにすれば利息が付きませんがキャッシングは1か月後返済した時でもキャッシング手数料が利息でつきます。そして、利息手数料は月単位でなく日数で加算されて、返済は1日でも早い方が安いです。そしてクレジットカードキャッシングでかかる金利は15~18%が多く、これは利息制限法といった法律により金額に応じた金利条件を定めていることで、各社とも大きいなさがない数値です。

また借りるとき返済計画をかんがえていてもいざ返済すると思わぬ出費が重なり、どうしても返済できないこともあり、もし返済が遅れればどうなのでしょう?返済日が過ぎても連絡しないでいれば数日後はがき、電話で催促がきて、それでも連絡がつかない時勤務先に借金返済催促電話が着ます。職場に借金がばれてしまうケースがありますが、この時点ではプライバシーにもなるべく配慮した対応をしてくれるでしょう。

そして、はがきで催促しても返済確認できなければ、最初より強い書き方で、督促状が送られれて、これを無視すればクレジットカードが使えなくなってしまいます。それでも延滞すれば、催告書がきます。こうしたことには注意してください。

専業主婦でも申し込みができる楽天銀行スーパーローン

利用限度額は最大で500万円、金利は年4.9%から14.5%と魅力的なカードローンサービスの取扱を行っているのが楽天銀行であり、スーパーローンは契約するだけでも1000円分相当の楽天スーパーポイントがもらえるので、多くの人に利用をおすすめできる銀行カードローンとなっています。

さらに楽天銀行スーパーローンは幅広い人からの申し込みに対応をしていて、殆どの金融機関では申込不可としている専業主婦からの申し込みにも対応しているのです。他の金融機関では申し込みを断られてしまった専業主婦の方でも楽天銀行スーパーローンなら契約できる可能性が高いので、申し込みをおすすめします。

楽天銀行スーパーローンは専業主婦には専用の申し込みページを設けています。

専業主婦の契約条件は通常のスーパーローンはやや内容が異なり、収入証明書類の提出は一切不要で、利用限度額は最大で50万円、金利は14.5%という条件になっています。多くの金融機関では専業主婦の方の申込の場合、配偶者の収入証明書類の提出が求められることが一般的ですが、楽天銀行スーパーローンの場合は配偶者の収入証明書類も不要なので、比較的容易に申し込みができます。

もちろん、専業主婦の申し込みでも1000円分相当の楽天スーパーポイントはもらうことができます。