中小の消費者金融は借りない方がいいのか?

大手の消費者金融ではなかなかお金が借りられそうにない時には、中小の消費者金融でお金を借りることが考えられます。

ただ、中小の消費者金融でお金を借りるというのは、なんとなく危険な感じがすることもあると思います。

ですが、その心配はあまりありません。 中小の消費者金融といってもしっかりと業者登録がされているのであれば

接客態度も悪いわけではありませんし、丁寧に教えてくれたりもします。

また、審査に関してもほかの消費者金融や銀行に比べれば通りやすくお金は借りやすいです。

ただ、基本的に金利は高いですし借りれる金額というのも比較的多くはありません。

ですので、他の消費者金融で借りられるような場合には、そちらで借りることをお勧めします。

キャッシングの本人確認と在籍確認とは?

キャッシング審査で必ず必要になってくるのが本人確認と在籍確認です。本人確認とは、直接、窓口などに行き、本人であると言う事を証明すると言うものではなく、あくまでも、書類の提出となります。運転免許証で本人確認を行う人が多くなっていますが、運転免許証を持っていない場合は、パスポートや健康保険証と住民票のセットなどで、本人確認を行います。

また、これらの書類は、メールで添付し送るほか、アプリを利用する事で簡単に済ませる事が可能です。その為、キャッシングにおける本人確認においては、何も心配する必要はないかと思います。

一本、同じキャッシング審査の確認事項として、心配する人が多いのが在籍確認です。在籍確認とは、明記している勤務先に本当に勤務しているか確認する事を指し、基本的に勤務先に電話をかけ行う仕組みになっています。

もちろん、消費者金融などの企業名を伝える事はありません。あくまでも、個人名で電話kがかかってくる為、勤務先に在籍確認であると言う事を知られる事はないと言われています。しかし、現代では、個人的な用事は、個人の携帯やスマホにかかってくる事も多いのではないでしょか。そんな中、勤務先にかかってくる電話に違和感を感じる人もいるかも知れません。その為、その時の対応策をあらかじめ考えておく事をお勧めします。

消費者金融の審査は、専業主婦やフリーターでも通過できるケースがあります

サラリーマンでないと消費者金融の審査に通らないのではないか、と考えている方は専業主婦やアルバイトでも融資をしてもらえる金融機関がありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

一般的には消費者金融は安定した収入を得ているサラリーマンが融資してもらえると認識されていますが、家族に安定した収入を得ている人がいたり、本人に定期的な収入がある場合には融資をしてもらえるケースがあります。消費者金融業者のホームページでは、融資を受けられるかどうかについて簡単な審査を受けることが出来ます。

数秒で終わるシミュレーションですので、まずはシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。即日融資してもらえる業者もあります。

キャッシングの審査は信用情報が重要

キャッシングの審査では、その人の信用情報の状態がどういうふうになっているかということがとても重要です。

信用情報とは何かというと、キャッシングやクレジットカードやローンなどの金融商品をその人がどれぐらい利用していて、どのように返済しているのかが毎月詳細に記録されている情報です。

はじめて利用するキャッシング会社に申し込みをしても信用情報という記録によって別の会社のローンの利用履歴もしっかりと確認されていますので、以前に滞納や債務整理になった経験があるとそれが判明します。

キャッシングの審査では信用情報機関という場所でこの情報を調べますので、これから申し込みをする会社と関係のない会社で債務整理をしていてもバレてしまいます。

他社の利用金額も信用情報で分かりますのでウソの申告をするとバレてしまいます。

債務整理とは借金を契約どおりに返さなかったということですので、キャッシングの審査ではかなりのマイナスになります。

キャッシングの審査ではそのほかに年収や家族構成などの情報も考慮されて総合的に返済能力が判断されています。

信用情報に問題があるとキャッシングの審査に合格できなくなってしまうので気をつけましょう。

楽天銀行カードローンは女性にもおすすめ

女性の社会進出が活発になっているということもあり、近年では年齢や性別に関係なく、カードローン商品のニーズが高まっています。初めてカードローンを契約しようと考えている女性にもおすすめできるカードローンの一つとして、楽天銀行のカードローンが挙げられるのですが、楽天銀行カードローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。女性にもおすすめできる理由などについて触れながら、詳しく見ていきましょう。

・銀行カードローンなので安心・お得

楽天銀行カードローンは、銀行系カードローンなので、消費者金融系のカードローンと比較して、高利用限度額・低金利で契約できるケースが多くなっています。まとまった金額を借り入れても、お得に無理のない返済がしやすくなっています。

・あらゆる職業の人が申し込みできる

楽天銀行カードローンは、パート従業員やアルバイト店員でも安定した収入があれば契約は可能となっています。また安定した収入がない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば契約は可能とされています。

・来店不要で契約できる

インターネットで申込手続きから契約手続きまでの全ての手続きができるようになっています。ひと目が気になる人でも安心して申込みができますね。

おまとめローンは余力があるうちに利用しよう

複数の金融業者からの借入がある人にとって、おまとめローンへ借り換えれば毎月の返済額が少なくなると考えている人もいるでしょう。確かに借り換えによって、金利が下がることはありますが、毎月の返済額が少なくなる方向での借り換えは、返済総額をかえって増やしてしまう結果を招きかねません。ポイントとなるのは、毎月の返済額のうちいくらが元金返済分となっているのか把握しておくことです。

現在の返済額総額から、元金返済充当額を計算した合計額と、おまとめローンへ借り換えた時の元金返済充当額が同じであれば、低金利となった分だけ返済総額を引き下げることが出来ます。しかし、元金返済充当額が減ってしまうと、返済期間が伸びてしまう結果となるので、数%程度の金利差ならば逆転しておまとめローンで支払った方が損をしてしまうことが少なくありません。

また、おまとめローンの返済期間中は、追加借入が出来ないという貸金業者間での自主規制が働くので、急な支出が発生した時に困ってしまうでしょう。おまとめローンを利用して完済を目指す際には、同時に貯金が出来る程度の計画性と余裕を持って返済を続ける必要があります。単に支払いが楽になるからという理由でおまとめローンを利用することは望ましくありません。

キャッシングにおける総量規制対象外について

キャッシングでお金を借りようとしても、無制限に借りれるというわけではありません。申込者の収入やその他の項目を総合的に判断して決められ、上限金額においては貸金業法によって制限されています。この賃金業法において最も注意したいのが、総量規制による制限になります。そこで今回は、キャッシングにおける総量規制対象外についてご紹介したいと思います。

総量規制について

平成18年に成立した改正貸金業法に基づき、平成20年6月に総量規制が施行されています。総量規制とは、貸金業者からの借入は年収の3分の1を越えて借入することはできない、といったものになります。規制の主な目的は、多重債務者対策として過剰な貸付を抑制し、借金返済に困窮する状況を根絶することを目的として施行されています。

対象となる借入について

総量規制の対象となる借入は、消費者金融や信販会社・クレジット会社などの貸金業者からの借入になります。したがって、これらの機関から既に借入のある方や年収の低い方などの場合は、総量規制の制限によってあわせて年収の3分の1までしか借りる事ができなくなります。

一方、銀行や信用金庫、信用組合・労働金庫などでは、銀行法に基づき業務が規定されていますので、これらの機関からの借入は総量規制対象外となり、融資申込みにおいては年収による縛りがないという事になります。

複数の借入があって総量規制に接触する為に消費者金融等の利用は不可能、しかしどうしても借入れが必要な場合には総量規制対象外の銀行等のキャッシングに申込むという方法があります。しかし総量規制の対象にならないからといって審査が甘くなるという訳ではありませんので注意が必要です。

楽天銀行スーパーローンをおまとめローンとして利用する2つのオススメの理由

複数の業者から借り入れをしている時に返済しやすいようにおまとめローンを利用して一つのまとめますが、楽天銀行スーパーローンをおまとめローンとして利用するのがオススメと言われています。

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンで手続きをすべてネット上で行うのが特徴ですが、なぜおまとめローンとして利用するのがオススメなのか理由を挙げていく事にしましょう。

楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%に設定されていて低金利の銀行カードローンと言われています。それで通常のキャッシングをする時もお得感がありますが、おまとめローンとして利用するとさらにお得感があります。

楽天銀行スーパーローンは金額が大きいほど利率が低くなるので通常のキャッシングをする時より金額が大きくなる事が多いおまとめローンとして利用すると金利が低くなります。それにより加算される利息が大幅に少なくなるので返済しやすくなります。

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一つにまとめる目的のローンなので審査が厳しくなりますが、楽天銀行スーパーローンは通常のキャッシングと同じ審査が行われます。それにより他の業者のおまとめローンより審査の可決率が高いので利用しやすいです。

キャッシングの審査では他社の利用状況がしっかり把握されている

もしあなたがいままでにローンやクレジットカードで長期滞納をしたことがあったり、債務整理をしたことがあれば、そのことは約5年間にわたって信用情報機関に記録されます。

キャッシングの審査では他社でどれぐらい借りているか、何社から借りているかという情報も伝える必要があります。

その会社をはじめて利用する場合なら、全く関係ない別の会社のローンやクレジットカードの利用分はわからないと考える人がいるかもしれません。

しかし、キャッシングの審査では、現在の他社の利用状況や、過去の利用状況までしっかり把握されて審査のときに参考にされています。

これは信用情報機関というところで、個人情報とともに、融資やクレジットカードの詳細な利用履歴が保管されているからです。

こういった情報は、個人信用情報と呼ばれ、カードローンの審査では必ず確認されています。

他社を何件か利用しているぐらいなら問題ありませんが、過去に長期的にキャッシングの返済を滞納したり、債務整理をしたことがあればそれが別の会社のキャッシングの審査でもしっかりわかるのです。

信用情報にそんな否定的な情報が残っているとき、他の会社のカードローンの審査を受けても合格することは困難です。

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMは?

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型がありますが、利用する事が出来るATMが異なってくるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでキャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMを確認していく事にしましょう。

・キャッシュカード兼用型は提携金融機関とゆうちょ銀行は利用不可

みずほ銀行カードローンでお金を借りる時はみずほ銀行ATM、提携ATM、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATMになっています。しかしキャッシュカード兼用型のキャッシングカードを持っている時は提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用する事が出来ません。提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用しようと考えている人は注意しましょう。

・カードローン専用型は全部利用する事が可能

キャッシュカード兼用型のキャッシングカードは利用する事が出来ないATMがありますが、カードローン専用型のキャシングカードは全部のATMを利用する事が出来ます。特に提携金融機関とゆうちょ銀行のATMを利用したいと考えている人はカードローン専用型のキャシングカードを発行してもらった方がいいでしょう。

キャッシングカードの種類別で利用する事が出来るATMはこのようになっているので申し込む前にしっかり確認しておきましょう。