無利息で利用できるカードローン

カードローンの中には、無利息の期間を設定しているケースがあります。たとえば30日以内なら全額無利息とか、5万円以内なら180日間無利息といった具合です。審査についても特に厳しいというわけではなく、一般的な審査と同じで、無利息期間がサービスでついてくるといった感じです。

この無利息カードローン、初めての契約者に限ってというケースが多いようです。つまり2回目の借り入れからは利息が生じるということです。逆にいえば1回だけの利用で、定められた期間内にお金を全額返済できるとすれば、無利息カードローンのメリットは大きいということです。利息を払わなくていいので、余計な出費がなくなるからです。

なぜこのようなことをするかというと、カードローン各社の新規顧客開拓のためです。一度契約してしまうと積極的に他社に乗り換える人が少ないため、利息のもうけをゼロにしてでも新しい顧客を開拓していこうという苦肉の策といっていいでしょう。

上にも書きましたが、2回目以降は利息がかかってしまうケースが多いです。利払いによる余計な出費を抑えたいならカードローンの利用は1回だけ、可能なら給料日間際の確実に返済ができる時期に、計画的に行うことが大切です。詳しくはカードローン各社のサイトをご確認ください。

アルバイトではキャッシングできない?

突然お金が必要になる場合がありますよね。

それは正社員で働いている方も、主婦の方もアルバイトをしている方も同じではないでしょうか。

ではその場合どこからお金を借りますか?

友人から、家族から借りるのが一般的かもしれません。

しかし、いつも借りれるとは限りませんよね。

その場合に頼りになるのがキャッシングではないでしょうか。

でも、正社員で働いているのならキャッシングできるだろうが、アルバイトではキャッシングは利用できないと思っていませんか?

そんなことはありません!

アルバイトでもキャッシングを利用することができるのです!

ただし、アルバイトの場合には少し条件が必要になります。

まずは安定した収入があるということがキャッシングをする上で大切な条件になります。

なので毎月アルバイトをしていて収入がある事が大切です。

そしてそのアルバイトしている期間も大切になってきます。

最低でも半年間はアルバイトを続けていなければいけません。

できるなら1年間のアルバイト実績があればなおキャッシングの審査を通りやすくなるでしょう。

そしてアルバイトだから審査に通らないかもと何社にも審査依頼をするのはやめましょう。

キャッシング会社からの信用がなくなってしまい、審査に通るのが難しくなってしまいます。

カードローンにも種類があります

カードローンと一言で言っても、その種類は様々ですし業者によって金利や審査基準なども大きく変わってきます。

基本的に現在流通しているカードローンには2通りの種類があり、一つは貸金業法下で利用されているカードローン、もう一つは銀行などが発呼しているカードローンです。

この二つの大きな違いは借りることが出来る金額の上限で、貸金業法下で流通しているカードローンは総量規制と呼ばれる法律の対象となるため、年収の三分の一までしか借りることが出来ません。
これには例外は一切なく、全ての人に適用される規制となります。

一方銀行の場合は貸金業法ではなく銀行法下での営業となるため、総量規制の対象とはならず、年収の三分の一以上の借り入れが可能になっていると言われています。

金利に関しても銀行のほうが大幅に低いですから返済のことを考えた場合には銀行のカードローンのほうが使いやすいと言えるかもしれません。
しかしデメリットも存在しており、消費者金融の場合収入が安定していれば貸し付けが可能になるのに対し、銀行の場合は年収制限を行っている場合もあるため収入が少ない人は利用できないというケースも少なからず存在しています。

特に大手銀行や地方銀行では制限を設けていることが多いため、利用者が限定されてしまうということもあります。
しかし例外も存在しており近年利用者が増えているネット銀行に関しては年収の制限を行っていない場合が多く、利用できる人も多いですから消費者金融と同じような使い方が出来る場合が多いようです。

唯一の欠点は、ネット銀行の場合カード発行が即日出来ないということがほとんどのため、カードが郵送されてくるのを待たなければいけないというデメリットがあります。

即日融資を希望する場合にはやはり消費者金融のほうが確実に速いですから、この点では消費者金融のほうが使いやすいと言えるでしょう。
自分の使い方に合ったカードローンを探して申し込みを行うとよいでしょう。

キャッシングの返済で大きく得する方法

キャッシングやカードローンを利用する場合、どうしても金利ばかりに目が行きがちですが、実は返済による手数料を節約することでかなりお得に利用することができるのです。

ここで紹介しますのが返済方法で得をする方法。

もしあなたがインターネットを利用するならば、ぜひ返済をネットでしてみませんか?

アコムとプロミスはネットでの返済が可能で、24時間365日いつでもどこでもキャッシング返済が可能です。

この24時間365日というのが大きな要因で、土曜日日曜日もその場で返済ができるため、金曜日に返済できなかったという場合でも月曜日まで返済を待つ必要がないのです。

この3日分は金利にすると大きなもの。早く返済することでその日数分の手数料は確実にお得になります。

もう一つインターネット返済がお得な要因はATM手数料が無料になるということです。

実はコンビニ等での提携ATMを利用して返済すると手数料が108円から216円ほどかかっているのをご存知でしょうか?

毎回この手数料を支払っていると考えると、かなりの大金を手数料で払っていることとなります。インターネット返済にこだわれば一切その費用はかかりませんのでお得です。

しかしこのネット返済を行う際にはネット銀行の口座が必要。楽天銀行の口座を持っておくことで返済はとても便利です。また、楽天銀行自体もキャッシングプランがありますので、検討してみても良いかもしれません。

実は金利よりも手数料で大きなお金を使ってしまっていませんか?インターネット返済でお得なキャッシングやカードローンとしてください。

複数の借り入れをおまとめローンで一本化する

いつの間にか、複数の会社から借り入れることに成り、返済に追われるようになってしまったら、一度おまとめローンを検討してください。借金を、数社で借り入れるよりも、一社にまとめる方が、一般的には金利が低くなります。

さらに一社に管理がまとまることで、返済計画も立てやすくなります。数社に分散していれば返済期日も、返済金額もバラバラで管理に労力を使いますが、おまとめで1社にすることが出来れば、金利面だけでなく管理面でも大きな利点が有ります。

おまとめローンは、銀行や、消費者金融でも行っていますが、おすすめは、銀行系のおまとめローンです。

銀行系のおまとめローンは、金利も消費者金融系に比べると低く、まとめた時の返済金額で大きな差が付きます。ただし審査は、消費者金融系に比べると厳しいため、まず銀行系に申し込んで、審査に通らなっかった時には、消費者金融系のおまとめローンに申し込んだらよいでしょう。

おまとめローンは、総量規制の対象外になっていますので、金額が年収の3分の1を超えても審査が通れば利用できるメリットが有ります。

おまとめのローンのリスクは、もしもまとめる前の借り入れに上限金利を超えた分などが有ってもまとめた後では返還請求などが出来なかくなることが有る点や、返済期間が長くなることが有る点です。

それでもメリットが多いので複数の会社より借り入れがある人は検討してみて下さい。

自動契約機でも便利なキャッシングについて

お金を借りる、キャッシングを利用するという事にとても抵抗を感じている方も多いと思います。とは言っても、急な出費でどうしてもお金が必要となる事は、誰もが経験していると思います。そんな時に、気軽にキャッシングをする事ができる自動契約機が便利です。

キャッシングを利用する理由は様々です。生活の足しに、給料日前の数日間を乗り切るためというやむを得ない事情で利用する主婦や、学生、会社員の方が利用しています。

しかし、キャッシングを利用するときに窓口まで行くこともハードルに感じる方も多いはずです。出来れば、長居せずに素早く借りて幼児を済ませてしまいたい、誰にも見られたくないという方も多いと思います。自動契約機について少し知っておくとスムーズですし、安心なので紹介しておきましょう。

自動契約機の場合、入室すると自動でロックされます。その後他の人が侵入できないようになっています。初めてでビックリする方も多いですが、実は安心の機能ですね。契約機の前に立つと、収入、他社での借り入れがないかどうか?など質問されて進行していきます。無事に審査が通過すると、口座に振り込まれます。

そして、借り入れなどの書類なども郵送されないなど、家族などにも知られずにキャッシングができるという点でも、ハードルを下げてくれています。

しかし、誰にもバレないために自制して利用しないとどんどんキャッシングをして、感覚がマヒしてしまう事もあります。

また、多数の借り入れを行うと返済額が分からなくなってしまったり、金銭感覚もくるってしまうという事もあります。計画的な金額、返済計画を立てていないと借入額は無限に膨らんでしまいます。

キャッシングを利用する際には計画的な利用が大前提です。
そして、お金が不足してしまう生活を見直すことも大切です。

業者、融資額によって違うキャッシングの利息

キャッシングの利息は、融資額によって異なっています。

小額のキャッシングの場合は最高18%の年利になりますが、借りる額が多くなればなるほど年利は低くなっていきます。
なので複数社で少しずつ借りるよりも、一社でまとめて借りるほうが金利は有利になります。それ以外にも借り入れる本人の信用に比例して若干異なった利息になります。

現在はキャッシングサービスは消費者金融以外でも利用することが出来ます。その一例としては銀行のサービスで行われているキャッシングサービスがあります。

こちらは消費者金融とほとんど変わらない審査で、同じ額を借り入れる場合は消費者金融よりも低金利で借りることが出来ます。
信用情報に傷がなく、安定した収入がある方ならまず銀行キャッシングの審査を受けてみると良いでしょう。

短期で融資を受ける予定の場合は消費者金融のほうが有利な場合があります。初めての借入に限りますが、大手消費者金融の一部では30日間に限り金利ゼロ円というサービスも行っています。
短期の利用の場合はこういったサービスを選択するのも賢い手段と言えるでしょう。

借りる業者、借りる期間、借りる額によって支払う利息はそれぞれ違ってきます。1%が大した差ではないような気もしますが、100万円を1年借りたとすると1%の金利では1万円も金利が違ってくるということです。

また同じ額を借りた場合でも、返済期間が長くなるほど当然ですが支払う利息の総額は変わってきますので、キャッシングの利用は計画的に行いたいですね。